単なる武者集団をチームに変える「侍会議」

一般的に経営塾でスキルアップを図るということ。これはいわば武術の修得。しかしながら事業は一人で行うものではありません。個人の武術をいくら磨いても、戦(いくさ)の場ではあまり意味がないのです。

そこで我々は会議に注目しました。

「和をもって尊しとなす」という精神に代表されるように、日本人は本来、協調、共闘に適性があります。
しかしながら現在、ビジネスの最前線で行われている会議は、無駄も多く、日本人組織のパフォーマンスを最適化出来ていません。

我々は日本古来の会議法や、海外の合理的な会議スキームを研究し、日本人本来のポテンシャルを引き出す「侍会議」を構築しました。
「侍会議」は、単なる武者集団をチームに変える「侍ノ術」でもあるのです。

期待できる成果

経営者
◆無駄な会議が減る ◆企業が永続的に発展する ◆社長の思いが現場に浸透する ◆社員のベクトルが揃う
[その他副産物]離職率の低下、後継者育成、人件費低下など
従業員
◆無駄な会議が減る ◆社長、上司が理解しやすくなる ◆成績、売上が上がる ◆仕事が楽しくなり、ワクワクする
[その他副産物]報酬のアップ、人間関係の向上など
人事
◆無駄な会議が減る ◆本質的問題が見えてくる ◆組織が一枚岩になる◆社員同士の仲が良くなる
[その他副産物]離職率の低下、残業の減少、新人育成など

本来、会議でやるべき事はたったの3つ

1.意思決定 これまでの会議の場では隠されていた重要な問題や言えない問題が…→隠蔽されず明らかになるため確実な意思決定が出来る!
2.問題解決 会議内容が、出来ない理由、言い訳や愚痴が中心の会議から…→問題解決を考えることが中心の会議に変わる!
3.約束 参加することだけが目的の会議から…→自らコミット(約束)する会議に変わる!
人は悪くない、悪いのは「組織の前進を鈍らせる会社の仕組み」

プログラム

<侍会議の目的>
1.一枚岩の経営チームとして、経営における問題を共有し、共通の志(目標)をかかげ、
志(目標)を達成するために役割分担いくつかの約束をつくりあげる事。
2.我々を支える仲間・我々の家族・何より我々自身を満足させるために、
成長し続ける仕組・計画を手に入れ、団結と情熱を生み出す事。

侍会議(熟練経営幹部育成研修)プログラムは以下の手順で進めます

導入編(守)

・会議の基本、自己分析とシェア(4時間)
・雰囲気の作り方、問題の棚卸(4時間)
・志の作成(4時間)
・行動規範の作成・タイムマシンセッション(4時間)
・5ヵ年ビジョンマイルストーン作成(4時間)
・5ヵ年数値マイルストーン作成(4時間)

全6回3ヶ月

応用編(破)

・強みの棚卸(4時間)
・クリティカルパスの作成(4時間)
・この1年間の戦術(4時間)
・担当者決めマイルストーン作成のポイント・プレゼン(4時間)
・担当者直近アクションプラン作成のポイント・プレゼン(4時間)
・進捗確認のシステム構築(4時間)

全6回3ヶ月

実践編(離)

・問題の棚卸の見直し(4時間)
・問題解決の基本手順(2時間)
・問題の見極めとインパクト解決策を出すポイント(2時間)
・実践問題解決(4時間×4回)

全6回6ヶ月

お問い合わせ

運営会社/軍師紹介

日本人に備わる「個の力」を
組織力に変える


日本の力が注目されている日本の心、日本品質、日本ブランド、美術、武道…世界からの賛美も少なくないだが経営はどうだろう?実態は多くの中小企業は苦しみ、大手企業すらままならない情勢だ。日本人は評価されているのに、国は閉塞感でいっぱいだ。
私たちは今、組織に注目している。日本人に備わる「個の力」を組織力に変える日本ならではの戦略はつくれないのか?と。サムライビジョンが提唱する「侍会議」それは人と人をつなぎ戦う「共闘戦略」を仕組化したものだ。この会議で得られるものは、単なる利益だけではない。人と人がつながると尊さから、強者の事業マインドも体得していくのだ。この会議で得られる貴重な経験、そして結果、そして事業マインド。今こそ共に、世界に誇る日本の事業家と成って戦おうではないか。

株式会社サムライヴィジョン
代表・侍経営伝導士
一般社団法人 日本志導者協会 理事

奥村 宗弘

北海道留萌生まれ。幼少期はやさしく消極的。よくいじめられるが、高校で出会った空手で体力と自信をつけ一転、武闘派人間となる。若くして矢継ぎ早に飲食業を立ち上げ、軌道に乗せるが、ラーメン事業の可能性を確信し、札幌の名店で修行することを決意。3年の修行の後、地元ラーメン店とコンサルティング契約。しかしながら自身が経営する飲食業は、仲間の横領で破産状態に。地元仲間と北海道に支えられ1年半、ついに地元でラーメン店開業。固めた味とコンセプトで、札幌に「真武咲弥」を開店し事業化。矢継ぎ早に関東圏で出店攻勢をかける。TOKYO一週間ラーメン・オブ・ザ・イヤー、最優秀賞4年連続、前年比125%達成
自身の成功の鍵は、単に武闘派として戦うのではなく、仲間を大切にし共に信頼し合う、「侍」の心と共闘戦略にあった。その強烈な原体験を元に、現在は経営道の伝導士として活動。日本古来の会議手法をベースとした先進会議法と、侍の共闘戦術を融合した「侍会議」の普及に努め、企業価値、社会使命、強い日本経営の在り方を、全国、そして世界で説いている。

お問い合わせ

貴人であり賢い武士を「侍」と呼ぶ

いにしえの西洋書物には、極東の戦士「侍」 が驚嘆の念で描写されている。
素早い動き、一糸乱れぬ挙動とチームワーク、人としての品格
「侍」は武士ではない。単に武術に秀でたものではなく、賢く、仲間を信頼し、共に切り込んでいく「侍」は、単なる強さの代名詞ではないのだ。

ある武闘派の男が、仲間の裏切りに合い破産寸前に追い込まれた時その経営を救ったのは「侍」マインドだった。彼を裏切ったのも仲間だが、救ったのも仲間だったのだ。経営者は時に孤独と言われるが、一人で戦うものではない。
いにしえの「侍」マインドを再び、呼び覚まそう

導入価格と助成金

「助成金」を味方につけて、経営改革に切り込め!

キャリア形成促進助成金を活用すれば、今なら50%程度のバックアップが可能です。

説明会日程

『成果を出す「最強チーム」の作り方』
~一人ひとりの能力を120%高める侍会議®流マネジメント手法~

講師:渋田真和 (株式会社ヴァンガード・マネジメント 代表取締役、一般社団法人 日本志導者協会 代表理事 )

■名古屋開催
2017年3月9日(火)18:00-20:30
参加費:3,000円
場所:愛知県名古屋市東区東桜1-10-35
セントラル野田ビル6F[Google map
終了後希望者にて懇親会予定。会費4000円
■東京開催
2017年3月14日(火)18:00-20:30
参加費:3,000円
場所:東京都港区三田3-4-18 二葉ビル202 [Google map
終了後希望者にて懇親会予定。会費4000円

数多くの会社に採用され、業種業態を問わず、成果を出している侍会議®
侍会議®流マネジメント手法、成果を出すチームの在り方と手法をお伝えいたします。

こんな人におすすめです
  • 社長がいなくても、会社をまわるようにしたい。
  • もっと業績を上げたい。
  • 社員にはもっと力があるはず。
  • 社長本来の仕事、やりたいことまで手が回らない。
  • 創業当時のマインドが維持できていない。
  • 経営陣と現場の意識にズレを感じている。
  • やりたい計画がうまく進まない。
  • 不平不満やいい訳が多い不平不満やいい訳が一切ない(問題が潜在化)。
  • No.2やリーダーがうまく育たない。
  • 先代や古参社員との関係がうまくいっていない。
  • 期待していた社員が辞めた。
得られる成果
  • すべてのメンバーが自分で考え、課題を見つけ出し、行動する。
  • 強いチームとして一枚岩になり困難を乗り越える。
  • 仕事にやりがいが出てくる。
  • アイディアと情熱が湧き出る。
  • 離職率が低下する。
  • コミュニケーションがよくなる。
  • 売り上げその他、チームに成果が出る。
対象者
  • 経営者
  • 各部の意思決定者、経営幹部
  • リーダー


株式会社ヴァンガード・マネジメント 代表取締役一般社団法人 日本志導者協会 代表理事

約10年間の経営コンサルティング実務経験を経て、「答えを提供するコンサルティング」より、「答えを引き出すコーチング」を志し始める。シリコンバレー発祥の会議手法を日本 企業に合うようブラッシュアップした「侍会議®」を自ら開発し、企業が長期的に反映し続 け、会議参加者が自発的に会議に取り組む手法をもとに、中小企業を中心に成果を生み出 し続けている。クライアントの前年対比を必ず UP させるという定評がある。



説明会お申し込み

下記フォームに、必要事項をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。後日担当よりご返答させていただきます。
※すべて入力必須

会社名
役職
氏名
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
説明会

お問い合わせ

下記フォームに、必要事項をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。後日担当よりご返答させていただきます。
※すべて入力必須

会社名
役職
氏名
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容